不動産所得にならないもの

各種事業展開をしている方の場合では、確定申告などを行うことが必要とされており、その収支に関しては既定の方法で算出しなければなりません。その中でも必要経費として認められるものもあり、しっかりと確認することが求められています。そんな中、賃貸アパートや賃貸マンションなどを所有していて、入居者からの家賃収入を得ている方も数多く存在しています。このケースでは家賃収入に関しては不動産所得に該当することになり、一般的には青色申告を行うことが推奨されています。しかし、賃貸住宅の場合であっても、下宿などの場合では、入居者に食事を提供するケースも見られます。このような事業形態の場合では、不動産所得としては認められないことになり、一般的な事業所得として計算することが必要とされています。また、駐車場に関しては、一般的な月極駐車場の場合では、賃貸アパートと同様に不動産所得に該当することになりますが、その一方で時間極駐車場として不特定多数の方々に提供しているようなケースでは、不動産所得には該当しないことになります。不動産関連では他にも規模などによって細かい規定がありますが、それぞれの方式によって税務上の取り扱いが異なるために専門家に相談することもおすすめになります。

Comments are closed.